#恋する海外文学

ゆとり会社員がお届けする海外文学・ビジネス書・洋書の感想ブログ。 Literary Classics and Murder-mystery Book Review from Japan ;)

永井孝尚さん『「あなた」という商品を高く売る方法』

 

f:id:hellosleepy:20180305203725j:plain

 

 永井孝尚さんの『「あなた」という商品を高く売る方法』を読みました。図書館で予約をしていたのですが、数か月待ってやっと自分の番が回ってきました。きっと、多くの方が興味を持っていられるのだと思います。

 

 今回もほかのビジネス書と同じように、勉強になった点をメモしましたので、それを公開します^^

 

 

★競争を避けて、好きなことをする

・今は消費者のニーズが多様化してきている

・細分化されたニーズに特化すれば、ライバルはいなくなる

ブルーオーシャンを狙うこと

・完全競争ではなく、完全独占を目指す

 

★AIに仕事を奪われない方法

・効率化できるものはAIに任せる

・効率化できない仕事にこそ時間を使う

・AIを味方につける

 

★バリュープロポジション

・相手が求めていて、自分にしか提供できないものを

・フレームは①自分の強み、②ターゲット、③ニーズ、④自分の仕事

 

★自分の強み

・3つの掛け算で決まる(才能、技術、知識)

・強化すべきは、苦手なことよりも得意なこと

・ほかの人が真似するのが難しいことが本当の自分の強み

 

★リスクは避けるな、管理せよ

・リスクは受け入れてコントロールすること

・幸運=行動回数×成功確率

・行動回数を増やすこと、ただしダラダラ続けない。期限例えば3年などを決めて、良ければ続け、だめなら見切りをつける。

・好きなことをつづける。時間を忘れて没頭するフロー体験を意識的に作る。

・やや無理めな目標に挑戦すると成長する。

・1万時間没頭すれば一流に。

 

★バリュープロポジション

・多くの人は考えていない→考えれば戦わずして勝つ可能性高まる

 

★失敗があなたの武器になる

PDCAサイクルは円ではなくらせん

・戦う相手は他人ではなく昨日の自分

 

★コンフォートゾーンから脱出せよ

・新たな強みを生む

・専門分野を増やし続けて戦わずして圧倒的に勝つ

 

★自分のため、から社会のためへ

・成功する人は他人のことを考えるのと同時に自分のことも考える