#恋する海外文学

ゆとり会社員がお届けする海外文学・ビジネス書・洋書の感想ブログ。 Literary Classics and Murder-mystery Book Review from Japan ;)

瀧内賢『これからのSEO Webライティング本格講座』

f:id:hellosleepy:20180324202257j:plain

 

 

 

 瀧内賢さんの『これからのSEO Webライティング本格講座』を読みました。

 

私は自分のWebサイトは持っておらず、運営しているのはこのブログだけですが、今まで避けてきたSEO対策のことを少しずつでも学び、このブログ運営に活かしたいと思い、この本を手に取りました。

 

私が覚えておきたいと思ったところをメモしていますので、それを書き起こす形で記事を書きたいと思います。

 

・キーワードを乱用しない(重複は×)

・文体は統一する。目印に★などを使うのは良い

・適切な言葉、表現を用いる

・ユーザー視点とロボット視点からライティングを修正すべき

 

*関連キーワード取得ツール

・タイトルとテーマは検索需要を軸とする

・検索意図(案内型、情報収集型、行動型)

サクラサク:共起関係の言葉

LSI調査

google trends

*キーワードプランナー

・各ページは1つのテーマに限定する

 

 ・headとbodyは統一させる

・レイアウトを見直す(ZかFの法則)

・Web上においては起承転結は有効ではない→結論を先に述べる

・最低1000字

・箇条書きは多すぎてもいけない。そして何の説明もなしに始めない

・冗長表現を避ける

 ・タイトルが最重要。不要なスペースや読点などは使わない。ただしタイトル「だけ」ではない。結局は総合力。

 

・キーワード出現率=目標は8%以下

*ohotuku

・主とするキーワードは多く使う

・不要な言葉を削除(これ、あれ、それ、~であるだろう)

・読点にも気を配る。基本は息継ぎするポイントで。ユーザーにストレスを与えないことが重要。

・一文は短すぎないこと。一文二義でもよい。

・数字を使うときは具体的に

・誤字脱字は自分でのチェック&ツールでのチェック

*enno