#恋する海外文学

ゆとり会社員がお届けする海外文学・ビジネス書・洋書の感想ブログ。 Literary Classics and Murder-mystery Book Review from Japan ;)

アガサ・クリスティー『エッジウェア卿の死』

f:id:hellosleepy:20180407071437j:plain

 

 

★あらすじ

自宅で殺されたエッジウェア卿の妻は、美貌の舞台女優ジェーン・ウィルキンスンだった。彼女は夫との離婚を望んでおり、事件当夜屋敷で姿を目撃された有力な容疑者だった。しかし、その時刻に彼女はある晩餐会に出席し、鉄壁のアリバイがあった…数多の事件の中でももっとも手ごわい敵に立ち向かう名探偵ポアロ

 

★感想

まず、この翻訳者の方のお力なのですが、ポアロヘイスティングスの会話がとても心地よく、楽しんで読めました。翻訳をする、という行為だけでも大変なことなので、すべての翻訳者の方に敬意を持っていたいと思うのですが、やはり中には、「これはポアロの人柄・性格に合わないのでは…?」と感じてしまう訳もあり、違和感を覚えることもあるのですが、今回は個人的にぴったりでした^^

 

今回のお話では、容疑者候補がたくさん出てきて面白かったです。新たな証拠となる事実や物がわかったときに、「あれ、これがあるということは、○○が犯人?」と、いろんな人物で思わされました(笑)

ネタばれになってしまうかもしれないのですが、犯人、だけを見つけようと思うのはちょっと早とちりというか、もっと視野を広げないといけないかなと思いました。

クリスティーのほかの作品に負けず劣らずこの作品でもたくさんの伏線が張られているのですが、それが最後にすべて回収されるのはさすがです。相変わらずその瞬間は最高ですね。

 

「一つ目の犯行は漫画の世界だろ~、現実味がない~」というboometerのご意見も拝見し、確かにそうだな、よく出来すぎてるなと思ったりもしましたが、私はそれ以上に手紙のトリックや第2、3の犯行が興味深いな~と思いました。よくここまで考えたものだ。そして、「絶対に成功するんだ、失敗なんてするはずがない」という考え方が成功に導いたのだとも。

 

それにしても最後の手記は怖かったですね。なんだかぞっとしました。現代だったら、この犯人は責任能力が問われて意外と軽い刑になってしまったりするのでしょうか?

 

どうでもいいのですが、やはりプライドが高い人は気を使わないとだめですね(笑)表向きには笑い飛ばしていても、裏では何を考えているかわかりませんもんね……(笑)

クリスティー作品の中でも好き嫌いの分かれる一冊かと思いますが、私は楽しめました^^

みなさまも、ぜひ^^